道の駅 みそぎの郷 きこない

道の駅 みそぎの郷 きこない

headersidetitle

上ノ国産の「こうれん」入りました

HP_20160617_koulen4

「こうれん」、聞き慣れない名称ですよね。
簡単に言うと、もち米にを練ってゴマ等を混ぜ、せんべい状に薄く伸ばして天日干ししたものです。上ノ国町など檜山地方南部に伝わる郷土菓子です。

油で揚げたり、網に乗せて焼いたり、オーブンで焼いたりすると、サクサクした食感を楽しむことができます。特に油で揚げると、入れた瞬間にふわっと膨らんで、見た目的にも面白いです。その油に同じ上ノ国産の「菜の花油」を混ぜたりするのも良いかもしれません。爽やかな香りが出ますよ。

 

で、ここからが本題です。
「こうれん」は檜山地方南部のあちこちで手造りされていますが、今回の片石ファーム製の特徴は、ラベルにも記載されていますが、原材料に「くどうもち」という在来種のもち米を使用している点です。

この「くどうもち」は、上ノ国町内でもわずか1~2軒程でしか栽培されていない希少種です。コシが強い上に伸びが良いので、片石ファームさんではこだわってこのくどうもちを採用しているそうです。

さらにこぼれ話として、この片石ファーム製こうれんの製造過程で割れてしまったものが、とある有名シェフの目に留まり、とあるレストランに採用されているのだそうです。

そのシェフとは、アル・ケッチァーノの奥田政行シェフ!
そしてそのレストランとは、どうなんde's Ocuda Spirits!
当道の駅内でテナントとして営業しているレストランです。

という訳で、奥田シェフのお墨付きですよ~。

HP_20160617_koulen2

右側のこちらが焼く前のもの。結構日持ちします。

HP_20160617_koulen3

左側のこちらが油で揚げたもの。手っ取り早く味わいたい方はこちらをどうぞ。ちなみに、ラベルにプリントされているキャラは、上ノ国町の「カミゴン」です。

Return Top