道の駅 みそぎの郷 きこない

道の駅 みそぎの郷 きこない

headersidetitle

町内限定販売「みそぎの舞」黒ラベルの純米大吟醸が入荷!

木古内町と山形県鶴岡市がタッグを組んで作り上げ、今では木古内町を代表する日本酒ブランドとなった『みそぎの舞』。

そのみそぎの舞の木古内産米「ほしのゆめ」を使った純米大吟醸が入荷しました。

当館で取り扱っているのは小柄な300ml瓶です。

四合瓶など別の容量をお求めの場合は、町内の他の酒販店をご紹介するという販売方法となっています。

ところで、今さらの情報ですが、『みそぎの舞』には大きく分けて白いラベルと黒いラベルの2種類があります。

2つの違いは醸造の原料となるお米で、一般に『みそぎの舞』として認識されているのは、白ラベルが貼られた「ほのか224」という木古内産米を使用したバージョンだと思われます。

今回ご紹介したのは黒ラベルのバージョンで、前述の通り「ほしのゆめ」という木古内産米を使用しています。

もともとスッキリとした飲みくちが特徴の『みそぎの舞』ですが、この黒ラベルバージョンはそのスッキリさに磨きがかかって、より口当たりが澄んでいると評判です。(もちろん個人差があります。)

今回入荷したのは黒ラベルの純米大吟醸ですので、当館で定番として販売しているオーソドックスな白ラベルの通常バージョンと純粋な比較はできないかもしれません。ですが、ここは2種類を飲み比べてみるのも面白いかもしれませんね。

Return Top