道の駅 みそぎの郷 きこない

道の駅 みそぎの郷 きこない

headersidetitle

『商工・道の駅まつり』スタート! 7/15~16開催中 (写真大量)

先日の記事でお知らせしました『第1回 商工・道の駅まつり』が当館横で始まりました。

運が良いのか悪いのか、北海道は連日の真夏日。この時期にここまで暑くなるのは珍しいですね。

ですが、数多くの出店者さんは暑さにめげず頑張ってます!

▲ 会場は、当館横の広場的なスペースと東駐車場の一部で開催されています。

閑散として見えるのは気のせいです(笑)  開始直後に撮影したものですから。

 

では、会場の右側のテントから順番にご紹介していきます。

▲ まずは北島製パンさん。焼き団子やエビカツバーガーなど、イベントだけの特別メニューとなっています。

▲ カットフルーツを使ったジューシーなスイーツも。暑い日にはピッタリですね。

▲ 北海道ガスさんのPRブース。

アンケート記入でオリジナルグッズがもらえるキャンペーンなど実施しています。

▲ 北ガスの華やかなお姉さんたちに会場で会える!

▲ コロッケ社長でおなじみのサンメイトさん。当館名物「はこだて和牛コロッケ」の製造元ですね。

▲ サンメイトさんで気になったのがこちらのポスター「木古内産 ひじきコロッケ」

もしかして、当館でもトップクラスの人気を誇る地場産品である「北限のひじき」を使ったコロッケでしょうか。

そのコロッケ社長が言うには「完成した!」だそうです。

▲ ひじきコロッケをちょうど揚げている所でした。

▲ 木古内商工会の青年部さんはお子様向けの「射的・かき氷」。こちらも夏祭りの雰囲気をだしていますね。

▲ 札苅地区の有志が運営する「札苅やる会”」からは「みそぎの塩やきそば」など。写りたがりの女の子がいますね。

▲ さっぱり塩味で美味しそうです

▲ 泉沢地区の「セラーズひらの」さんは「ご当地焼きそば」など。

▲ 確かに「ご当地」とネーミングするだけあって、木古内はもちろんのこと、近隣エリアのご当地食材を使っています。

▲ 貝類の豪快な浜焼きで有名な「ヤママル」さんはツブ焼きやカキフライなど

▲ 暑い最中ですがそんなの関係ない!

▲ 「お婆ちゃんのべこもち」で有名な秋山農園さんからも。残念ながら撮影時は準備中...

▲ 木古内町特産の「はこだて和牛」を使ったメニュー開発に積極的な「蕎麦処 瑠瞳(るとう)」さん。

▲ ゴメンナサイ(;_;)  写真の撮り方が悪く分かりにくくて。

こちら「はこだて和牛バーガー 紅」。何が「紅(くれない)」なのかは食べてのお楽しみ!

▲ いかにも夏祭りの屋台っぽいのは浅水さん。

▲ 実は町内で焼き鳥屋さんを営業中です。焼き鳥はその旨さとリーズナブルさで人気ですよ。

▲ 3が付かない「Not 魚の日」ですがお祭りということで今回のみの「あおぞら朝市」。いつもの吉川さん。

▲ 今日の目玉は、めったにお目にかかれない高級魚「マツカワ」!

▲ 相変わらずの人気振りで、既に品薄の魚種も。開始早々に撮影したのに...

▲ 同じ「あおぞら朝市」では、地元野菜も。

▲ 「あおぞら朝市」の一角では、お子様向け縁日コーナーも。

▲ 「あおぞら朝市」では肉類も。こちらは「久上のジンギスカン」で有名な「久上 工藤商店」さん。

牛サガリやはこだて和牛牛鍋を今回限りの特価販売しています。数量限定で。

▲ こちらは木古内町役場のコーナー。観光パンフ等が並んでいますね。

▲ 道南いさりび鉄道さんの「いさ鉄ペーパークラフト」を無料配布中

▲ 町役場コーナーのメインはこちら。「商工・道の駅まつり クイズラリー」です。

新幹線木古内駅など数カ所に設置されたクイズパネルを見つけて回答すると、キーコ関係のオリジナルグッズプレゼント!

 

と、ここまでは屋台を一通りご説明しました。

その中で気になった品を一つ ▼

▲ 「はこだて和牛コロッケ」が人気のサンメイトさんから、コロッケを2つ買ってきました。

一つが先程ご紹介した「木古内産 ひじきコロッケ」。

もう一つが「ハバネロコロッケ」。

目に付いたのを一つずつ買ったら、一人ロシアンコロッケ状態になっていました。

それはさておき...

▲ こちらが「ハバネロコロッケ」。辛いのが苦手なHP管理人には強烈な辛さでした。でも暑い日ならコレも有りかも!?

▲ そしてこちらが「木古内産 ひじきコロッケ」。予想以上にひじきの食感が残っていて驚きました。新たな木古内名物の誕生か!?

 

そして15時過ぎからは、吹奏楽の演奏などが始まります。少しでも夕方にかけて涼しくなるかな?

祭りは明日も続きます。抽選券付きの商品券もありますので是非ご利用下さい。

 

 

Return Top