道の駅 みそぎの郷 きこない

道の駅 みそぎの郷 きこない

headersidetitle

『魚の日』で購入した檜山地方と木古内の海産物を、どうなんde'sへ持ち込み『とれた de イタリアン』!

本日一本目の記事に掲載しましたが、本日の『魚の日』では檜山地方の海産物を一緒に販売していました。

いつもは並ばない品種が気になりまして、レストラン「どうなんde's」で調理する『とれた de イタリアン』に持ち込んだらどうなるんだろうという好奇心がムクムクと湧き上がってきました。

檜山地方で漁獲する場は日本海。木古内で漁獲するのは津軽海峡。2つの海の幸を一度に味わったら、どうなんだろうと。

▼ 『とれた de イタリアン』 の概要はこちら

今回購入したのは檜山地方のバカガイとウニ、木古内産のババガレイです。

▲ 今回の調理方法として、「焼き」と「パスタ」の2パターンでシェフのおまかせにしてみたところ、まずは「焼き」用の具材が出てきました。

これらを焼いて、どうなんde's特製のソース4種に付けて頂くというスタイルです。

今回のソースには「ブルギニオンバター」が含まれていました。左端のがそうです。どんな味がするんでしょうね。

▲ 殻付きのウニ

▲ バカガイと、ババガレイの切り身。

 

▲ テーブルにビルトインされた無煙ロースターで焼いていきます。

焼いたババガレイを前述のブルギニオンバターと一緒に食べてみました。

淡白なカレイと濃厚なバターのマッチ度合いが絶妙ですね!

▲ ウニはそのままスプーンで頂きます。

ほのかな潮の味が口中に漂います。新鮮さの表れでしょうね。

▲ そうこうしている内にバカガイの貝が開いてきました

▲ 美味しそうですね~

▲ 別でオーダーしていたエゾムラサキウニのパスタが出てきました。

滑らかなクリーミーさをベースとしつつ、やはりほのかな潮味がアクセントに。

▲ 「焼き」に含まれるご飯と味噌汁も出てきました。

「焼き」と「パスタ」、さらには貝と魚。様々な組み合わせを楽しむことができ大満足です。さすがにお腹いっぱになりましたけどね。

また、日本海と津軽海峡、2つの海の幸を同時に味わえた贅沢な瞬間でもありました。

Return Top