道の駅 みそぎの郷 きこない

道の駅 みそぎの郷 きこない

headersidetitle

6月12日から木古内駅北口へ向かう道路が工事通行止めに。迂回路をご案内します。

当館「道の駅 みそぎの郷 きこない」が位置するのは、木古内駅の南口です。

より具体的には、木古内駅は北海道新幹線と道南いさりび鉄道の両木古内駅が隣り合っており、当館は道南いさりび鉄道側の出口に面しています。津軽海峡側の出口と言えば分かりやすいですかね。駅前商店街も南口にあります。

そして新幹線の木古内駅は北口となっています。(もちろん北口と南口は歩いて行き来できます。木古内駅2階部分の自由通路で。)

その北口への道路が6月12日の午前10時から10月上旬まで、道路工事のため通行止めとなります。

▼ 左側が以前からの道路で、こちらが新たに通行止めに。右側は並行して新設される道路です。

左側の道路が新幹線口へのアクセス道にしては狭いため、新たに右側に並行して道路を新設するという工事なのです。

▼ 現在は、道南いさりび鉄道&貨物線の跨線橋を新設する工事が本格化しています。

▼ 木古内町役場の発表資料はこちら

画像中の赤色の線の部分が通行止区間です。

そして、その迂回路は2つあり、濃い緑色の線の部分となっています。

ちなみに、当館は「木古内駅」と記載された部分の「駅」の辺りにあります。

 

▼ 参考までに、当館で観光案内用に使用している地図に、今回の内容を上書きしてみました。(便宜上、南北を逆にしています。)

  • 工事通行止め区間:赤色の線
  • 迂回路A:緑色の線
  • 迂回路B:水色の線

この2つ目の地図ですと、函館は左方向、松前は右方向となります。

迂回路がA,Bの2つありますが、どちらが便利かと言えば、緑色のAの方です。

Bの方は道幅がやや狭い上に、国道からの入り口が少々分かりにくいですからね。

 

Aルートを使う一例として、函館方面から走行してきて木古内駅北口に行く場合の道順は次の通りとなります。

  1. 国道228号線を松前方向へ南下。 (上の案内用地図だと左から右へ)
  2. 津軽海峡側に「木古内の坊」公園があるY字型の交差点を右折し、道道5号線に入る。(右折レーンがあります)
  3. 「石川屋」さんの正面にあるT字型の交差点を右折。
  4. 踏切を越え、新幹線の高架下を通った所のT字路を右折。
  5. 右手に北口が見えてきます。(右折すれば駅前ロータリーと北駐車場に入れます)

 

10月上旬に工事が終わった暁には、赤色の部分の道路幅がかなり広がるので、北口へのアクセスが便利になります。

特に、北海道新幹線を使って何日も旅行される方には朗報でしょう。

新幹線改札の目の前となる木古内駅北口。そこに直結する「北駐車場」へのアクセスが改善されるのですから。

 

詳しくは、木古内町役場HPをご覧ください。
http://www.town.kikonai.hokkaido.jp/kurashi/seikatsu/dorokoen/doro/tukoudome.html (外部リンク)

Return Top